ごあいさつ

 

日本経営開発研究所,NKK,経営コンサルティング,教育訓練,人事諸制度

私共日本経営開発研究所は、1967年「日本における正しい経営コンサルティングの確立」をめざして確立された経営コンサルティング並びに教育訓練の専門職業ファームであります。爾来三十有余年に亘りACME倫理規定に準拠した倫理規定を遵守し、事業を推進してまいりました。ここ三十余年を振り返りますと、日本の経済はオイルショック・円高不況・バブル崩壊等々の混乱に耐え、中進国的現実から出発し、遂に世界NO.1クラスの先進国となるに至りました。全世界の自由経済化・世界的大競争の激化という新世紀の環境の下、世界NO.1クラスの高賃金・高齢化圧力に対し、基幹社員の長期勤続という日本的慣行を前提に前向きに対応する「世界NO.1の高生産性・高能力の日本的経営」を推進することこそ、現段階における日本の企業および企業人の基本的使命であると考えます。

このような問題意識の下に、私共は日本的経営の改革・人事諸制度の改革・21世紀の日本的経営を担う人づくりをバックアップする経営コンサルティング・教育訓練を今後とも鋭意、推進する所存であります。

 

 

皆様方のご支援と御鞭撻をお願い申し上げる次第です。

2005年4月1日 日本経営開発研究所 会長 鍵山 整充
所長 太田 滋


シニア経営コンサルタント栗原誠一郎君の入社について
表記の件につき、御案内申し上げます。栗原誠一郎君は、大阪大学卒業後、永年に亘って三菱UFJリサーチ&コンサルティング㈱(旧三和総研)にて、経営コンサルタントの中核的メンバーとして人事関連分野を中心とする活動を展開して来ましたが、本年2月18日を以て同社を退社し、2月19日を以て日本経営開発研究所にシニア経営コンサルタントとして入社することとなりました。もともと栗原君は、私共研究所ともノウハウを共有しつつ人事関連のコンサルティングを進めると共に、私共研究所主催の坊平錬成講座のバックアップにもあたり、私共研究所とはなじみの深い半ば同僚的メンバーであります。

このたび私共研究所に入社することとなり、所長の私と共にコンサルティング並びに錬成講座を中心とする教育訓練にあたることは勿論、彼自身のテーマでのコンサルティング活動をも推進することとなりますので、宜しくご支援の程をお願い申し上げます。


2016年2月24日 日本経営開発研究所  所長 太田 滋