栗原誠一郎プロフィール

栗原誠一郎ヒストリー

1969年2月3日生まれ。東名高速道路が全線開通した年に誕生しました。
生まれは岡山県玉野市。玉野市は造船の町であり、瀬戸大橋ができるまでは、本州と四国を結ぶ航路の拠点として栄えていました。

家族は父、母、姉の4人家族です。

 

いじめられっ子時代

幼少期は小児喘息を患っており、基本的に身体が弱く、運動もあまり得意ではありません。
気の弱い子供だったせいか、よくいじめにあい、根暗な小学生でした。
しかし、小学校3年生の時の担任の先生に、「自己肯定力」を授けてもらいました。

その頃、勉強はそこそこできていました。そのことを一つの強みとして認識させてくれたのです。

私はその時期を境に、外交的・積極的な性格になり、主体的・行動的に生きることができるようになったのです。そのまま中学生までは、クラスの中心にいるような存在で、順調な時期を過ごしていました。

自分に関する「客観的事実」は何も変わっていないのに、考え方次第で結果が変わるという大きな経験でした。

 

ライフワークとの出会い

その後、高校・大学と比較的順調に進学したのち、大学卒業後シンクタンクに入社、経営コンサルタントとなりました。

そうして、経営コンサルタントとして人事関係のプロジェクトをメインに仕事をするようになった27歳の時、今の会社と出会うことになります。

当時、私の上司が、たまたま今の会社の先々代の所長である鍵山と知り合い、意気投合。

その鍵山から、

鍵山
「人材育成のための合宿研修をやっているから、一度来てみませんか?」

と業務提携を視野にいれたお誘いを受け、その上司と私の先輩がその研修に参加。

そして、その上司から、

上司
「非常に良い研修だったから、君も受けてみないか」
と言われました。

当時の私は

誠一郎
「1週間の合宿研修なんて気が重いな、、、」

と思いながら、参加したのを覚えています(笑)

なぜなら、その当時、自分自身が受けてきた研修と言えば、ビジネススキルを中心とした研修ばかり。個々のテーマとして勉強した気にはなりますが、経営コンサルティングの場で本当に役に立ったという実感はあまりなかったからです。

しかし、この1週間の合宿研修は、人生そのものを見直す機会となったのです。
まさに、私のターニングポイントの一つとなりました。

この研修は、「企業人として如何に生きるべきか?」を探求し、自己の理想・信条を確立することがテーマなのですが、如何に自分が世の中のことも、企業のこともわかっていないか。そして、自分自身が物事や自分の人生そのものについて深く考えていないかということを痛感させられ他のです。

それから、会社との業務提携の一環で、毎年、合宿研修のサポートをすることになりました。

新入大卒の研修の受講生が、リーダークラス、課長クラスと一段成長するたびに参加し、講師は「よく戻ってきたね」と迎え入れる。そうやって、節目節目で自分を見つめ直し、自分の志や世界観を確立していくための環境を提供する。

そして、こうした受講生の中から次代の社長や経営陣が生まれていく。
我々が各企業の経営を担っているわけではありませんが、本当に素晴らしい仕事だと思いました。

 

やりがいのある会社への転職を決意

今の会社には後継人材はいませんでした。

私もサラリーマンとして20年以上働いている自分が、この会社を引き継がせてほしいとはなかなか言い出せませんでした。

ところが、人生とは不思議なもので、ある人との出会いの中で転職する勇気が生まれ、現在に至っています。

この過程にもかなり紆余曲折がありましたし、これからも紆余曲折があるでしょう。

でも、一度きりの自分の人生なのだから、これからも自分が信じる道を歩んで行きたいと思います。

そして当然幸せな人生にしたい。
自分が幸せになることと、世の中に貢献することの接点が、この仕事にはあると思っています。

企業という場を使って自己実現するという志を持ち、日々、目を輝かせながら仕事に向き合い、結果としてその企業にも貢献し、輝ける企業の輝ける人材になる。死に際に企業人という人生を選択して本当に良かったと思える。

そのような一流企業人への道を、クライアント企業の社員の皆さんと共に歩んで行きたいと思います。