企業理念

企業人を元気にし、企業を元気にし、日本そして世界中の人々の人生を物心共により豊かにする

現在の豊かな社会は企業の発展によって実現しました。そして、その企業の発展を支えているのは「企業人」にほかありません。
だからこそ、弊社は「企業人」を元気にしたい。
企業という場を使って自己実現するという志を持ち、日々、目を輝かせながら仕事に向き合い、結果としてその企業にも貢献し、輝ける企業の輝ける人材になる。死に際に企業人という人生を選択して本当に良かったと思える。そのような一流企業人を数多く輩出し、企業を発展させ、社会を物心共により豊かにする。「毎日、目を輝かせて出社する企業人づくり」
これが日本経営開発研究所の存在意義であり、使命なのです。

共に道を歩む 輝ける企業と企業人を目指して

統計的な観点で言えば、長期雇用は大企業を中心としたものではありますが、日本社会において長期の発展を本当に目指すのであれば、新卒社員を採用し、育てることが不可欠になります。だからこそ、ベンチャー企業も成長していくと、新卒採用を重視するようになるのです。

長期雇用はもちろん良い事ばかりではありません。しかし、そのデメリットを覚悟しつつも、新卒社員を積極的に採用し、しっかりと育てたい。そして単に「潰れない会社」ではなく、「常に発展し社会に貢献する会社」を目指したい。企業の規模に関わらず、そのような志を持った会社と共に、日本経営開発研究所は事業を行ってきました。

今、日本企業は、人口減少、世界に類を見ない少子高齢化という国内環境に直面しています。しかし、この難題の解決は、付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性の向上しかありません。その生産性向上のアイデアは、結局、「人」が生み出すのです。

一方で、このように「人」の重要性がますます高まっていく時代にも関わらず、企業で働いている企業人は、「寄らば大樹の陰」といった思考で、単に生きるために働いているという社員が増えているように思えます。そのような働き方では、生産性向上のアイデアなど生まれるはずがありません。

そもそも企業で働くことの意義は、一人では成し得ない事を「企業」という器を使って実現できるところにあるのです。一度しかない人生の多くの時間を企業人として使うならば、志高く、主体的に生きる。輝ける企業の輝ける企業人になる。そのような企業人がこの日本に一人でも多く生まれるように、日本経営開発研究所は、これからもクライアント企業およびその社員と共に歩んでいきたいと思います。

弊社企業概要についてはこちらをご覧ください。