次世代経営者練成講座

〇 今や全世界が実質的に自由主義経済化し、企業間競争は世界規模で行われるようになりました。国内だけに目を向けても、人口減少により、今までと同じやり方をしているだけでは売上が減少することは確実です。
一方では少子化の影響を受け、人手不足が深刻化するとともに、コストとしての人件費は確実に上昇していきます。更には、通信やAI を中心とした技術革新はビジネスのカタチそのものを変えてきています。
このような環境の中で日本企業はどのように戦っていけばよいのでしょうか。そして、経営者はどのようにして自社が存続発展していくための道筋を組み立て、そして社員に示していけばよいのでしょうか?

〇 また、東芝、日産、神戸製鋼と、近年、「一流」と言われていた企業において、不祥事が次々と明るみにでてきています。なぜ、このような事が起きるのでしょうか。そして、経営者はどうすればこのような不祥事が起きない企業風土を作り上げることができるのでしょうか?

〇 旧慣墨守の退嬰的経営では時代の急展開の前に取り残されることは必至です。社会の公器として、小手先の利益創出手段に頼ることなく、これからの時代に向け飛躍しうる革新的経営をいかに実現するかが問われているのです。
そして、この問いに答えうるか否かは、経営の任にあたる経営トップ陣の情熱と能力のいかんにかかっていることは言うまでもありません。また、経営の「存続」を考えるとき、最も根本的な課題は次世代の経営幹部を着実に育成していくことにあります。

〇 しかし、現実はというと、多くの企業において、部長クラスに対する以下のような声が現経営陣や課長クラス以下の部下から聞かれます。

・ 課長から部長になり、直接的な部下指導は課長が担う中、自身の役割が見いだせず、単なる中間管理職になってしまっている。
・ 革新が求められているにも関わらず、現状延長線上の施策しか打ち出せず、短期業績の進捗管理しかできていない。
・ 経営から出される方針には特に反対はしないものの、実際の部門運営に落とし込めていない。
・ 全く経験のない課や職種を管理することになり、どのように関与すれば良いのか分かっていない。

〇 この「次世代経営者錬成講座」では、部長クラス以上を対象に他の一部上場中堅企業クラスの幹部人材との磨き合いの中で、

  • 「企業環境の見方」「発展成長の考え方」「社会の公器として判断基準のあり方」「経営幹部としての職務観」を検討し、
  • 自社・自部門のあり方と現状課題を明確にし、
  • 経営幹部候補者としての自らの「志」を固めるとともに、「志」実現に向けた具体的道筋を掴む、

ことを狙いとしています。

〇 また集合研修終了後、約3ヵ月に亘り、月2回(1回60分)の個別コーチングセッションを行います。
集合研修で設定した「3ヵ月後のありたい姿」をテーマに、課題達成や経営幹部に相応しい行動の習慣化のためのフォローアップを行います。
セッションは原則、電話で行います。(通信費は弊社負担)

〇 1976年より開講し、企業環境の変化を織り込みながら年1回、秋に(10月)に開催しています。

〇 新型コロナウィルス感染症の国内での広がりを受け、2020年はZoom会議システムを利用してリモート開催で実施しました。2021年も感染症の状況によってはリモート開催とします。

〇 基本プログラム、開催期間・場所、受講費用等、詳細はPDF資料をご参照下さい。ご不明な点があればお問合せ下さい。