やるべき事をただ淡々とやり続ける

明けましておめでとうございます。栗原誠一郎です。

スポーツにおけるメンタルの重要性

年末に元プロゴルファーの宮里藍さんが、現役の時の自分を振り返って話をしているのを観ていました。

そこで彼女が言っていたのは、

「調子が良かったときは、やるべき事をただ淡々とやることができていた。でも、調子が悪くなり、それができなくなった。」

ということでした。

宮里藍さんは、一度は女子プロの頂点に立った人です。
したがって、単純に技術が劣るといことはないはずですよね。

でも、負のスパイラルに陥ってしまって、ゴルフが苦痛になり、引退することになりました。

 

ビジネスの世界もメンタルが成否を分ける

特にゴルフはメンタルの要素が強いスポーツかもしれません。スポーツ全般、メンタル強さが結果を左右します。もちろんビジネスの世界でもそうでしょう。

実際、数々の選手やチームを頂点に導いたあるメンタルコーチは、

「スポーツの世界は、成功するには才能が大きな要素を占める。でも、そんな世界でもメンタルが結果を左右する。そう考えればビジネスの世界で成功するのは簡単なことだ。」

と言っています。

確かに、ビジネスの世界で成功している人の話を聞いても、自分の知識やスキルがすごいから成功したという人はほとんどいません。

成功した人は、調子の良かった時の宮里藍さんと同様に、実現したいものの為に、やるべきことをただ淡々とやり続けることができた人なのです。

でも、逆に言えば、「やるべき事をただ淡々とやり続けること」が如何に難しいかということでもあります。

 

やるべき事をただ淡々とやり続ける工夫

私自身も、過去の出来事を悔んだり、未来の不安を考えたりして、今一つ、「やるべき事をただ淡々とやり続ける」という心境になれなくなることは度々あります。

でも、そのような感情になったら、極力、目の前にある一つのことに集中して、そのことのみの行動量を増やすようにしています。行動量を増やすということが大切で、動きが少なくなると、不要なことを考え始めてしまいます。そして目の前にある一つの事が自分が満足できる形になれば、自然と不要なことを考えなくなってきます。

もちろん、これは私のやり方で、皆さんそれぞれの工夫で、「やるべき事をただ淡々とやり続ける」ことができればと思います。

さて、皆さんはどんな工夫があるでしょうか?

メルマガ登録はこちら

付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性向上のアイデアは、「人」が生み出していきます。

このように「人」の重要性がますます高まっていく時代において、弊社は世界NO.1の高生産性・高能力の一流中堅企業を育てるために、クライアントの経営・人事諸制度の改革、人材育成をバックアップしていきたいと思っております。

メルマガでは、抽象的な思考概念から実際に活用できる具体的なノウハウを提供しています。
現状を打破したい、改善のためのヒントになればと思っています。

メルマガ配信お申込みフォーム

 

錬成講座のお知らせ

「錬成講座」は、新卒社員が将来の経営幹部になるという、長期雇用慣行に基づいた日本的経営を前提に、先の見えない経営環境の中で企業の存続・発展を担う力のある次世代幹部人材を育成するプログラムです。

様々な業種の一部上場企業および同等クラスの優良中堅企業のリーダーとともに、5日間寝食を共にし、講義時間も含め議論や対話を重ねるなかで、自分の業界や自分自身が知らず知らずのうちに囚われている固定観念に気づき、視野を広げることができます。

>> 錬成講座の内容を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA