「究極のリアリストであり、ロマンチストであれ。」

こんにちは!栗原誠一郎です。

「リアリスト」と「ロマンチスト」

「究極のリアリストであり、ロマンチストであれ。」

これは、私の前職であるシンクタンクの初代社長が社員に常に言い続けていた言葉です。

普通に考えるとリアリストとロマンチストは正反対の位置づけで、どちらかが成り立てば、どちらかが成り立たないという二項対立の関係にあります。

このような二項対立は他にもありますよね。

今、働き方改革の中で言われているもの、ワークライフバランスです。

「仕事」を重視すれば、「家庭・私生活」が犠牲になる。だからバランスが必要だと。

しかし、丁度よいバランスとはどういうものでしょうか?

 

バランスはウエイトの問題か?

実は、先述した社長はこんな話も、当時、私たち社員にしてくれました。

ある社員が
「仕事と家庭のバランスは何対何であるべきか」と聞かれた時のことですが、
その社長は「100対100だ。バランスなんか考えたらどっちにも言い訳が生まれる。

仕事も家庭もそれぞれでどうありたいか考えて実現できるようにやるだけだ」と答えたのです。

つまり、バランスは両方を追求することで、結果として生まれるものであって、何対何みたいなウエイトが先にあるのではないということを言っていたわけです。

 

二項対立の先にあるもの

我々はこのように二項対立を使って世の中を分類し、どちらかをとれば、どちらかは犠牲にならざるをえないと、あきらめたり、言い訳をしたりしています。

確かに、両方を追求することは、簡単なことではないでしょう。

でも、その二項対立を否定し、乗り越えていかなければ、世の中の進歩はないし、そもそも我々自身がつまらない人生を送ることになるのではないでしょうか?

さて、皆さんの中で、行動を制限したり、あきらめを生んだりする原因をつくっている二項対立があるとすればそれは何ですか?

メルマガ登録はこちら

付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性向上のアイデアは、「人」が生み出していきます。

このように「人」の重要性がますます高まっていく時代において、弊社は世界NO.1の高生産性・高能力の一流中堅企業を育てるために、クライアントの経営・人事諸制度の改革、人材育成をバックアップしていきたいと思っております。

メルマガでは、抽象的な思考概念から実際に活用できる具体的なノウハウを提供しています。
現状を打破したい、改善のためのヒントになればと思っています。

メルマガ配信お申込みフォーム

 

錬成講座のお知らせ

「錬成講座」は、新卒社員が将来の経営幹部になるという、長期雇用慣行に基づいた日本的経営を前提に、先の見えない経営環境の中で企業の存続・発展を担う力のある次世代幹部人材を育成するプログラムです。

様々な業種の一部上場企業および同等クラスの優良中堅企業のリーダーとともに、5日間寝食を共にし、講義時間も含め議論や対話を重ねるなかで、自分の業界や自分自身が知らず知らずのうちに囚われている固定観念に気づき、視野を広げることができます。

>> 錬成講座の内容を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA