働く女性と友好な関係を構築するには

女性が働きやすい環境を作る

今までの男性が猛烈に深夜、休日まで関係なく働いて、女性は家を守るという時代は、今や形骸化して限界を迎えたといっても過言ではないのではないでしょうか。

不況ともなると、男性の稼ぎだけではなかなか生計を立てることが難しく、自分も外で働かなければならない女性も多くなっているはずです。

新型コロナをきっかけとして景気がますますダウンサイジングしていくなかで、今後、男女共同参画社会とリモートワークやワーケーションなど多様な要素や考え方が確立されていく時代です。

それに伴い、少子高齢化の進展などで、今の日本社会は外国籍のかたの労働力やインバウンドの観光産業に依存しなければならない時代となっています。

しかし、旧来型の考えをもったままでは、特にリーダー以上の管理職という立場にあるかたはなかなか対応が難しく苦労されるのではないでしょか?

自分の仕事をしていく中で転職やワークライフバランスを考える女性も多くなっています。

普段から自分の好きな仕事をしていく中で、いかにして効率よく素敵な仕事や転職活動をしていけるかどうかを考える事は大変重要な事となるのです。

働く女性が社会に出てきている中でいかにして自分の仕事とプライベートのバランスを考えながら仕事を行っていけるかどうかを考える事も大変重要な事となるのです。

やはり結婚や家庭をもつかたは労働時間に制限があるため、任せられる仕事の分量やスキルも限定的になります。

女性のスキルアップへの貢献

このような社会が進んでくると、女性比率が多い職場が増えていき、旧来までの縦型の男性中心の社会や組織づくりは難しいのが現実ではないでしょうか。

このような時代こそリーダーやマネージャーはトップダウン型の思考を持つのではなく、部下に水平分業型の仕事をさせるほうが、同僚同士の人間関係もスムーズにいきますし、また自分自身の仕事の負荷も大きく削減されます。

女性でもスキルを持ち、転職でキャリア形成を図っていくかたも多いのではないでしょうか。

そのような点を考える事で働きやすい仕事や労働環境の中で自分のスキルアップを考えながら仕事や転職をしたい女性を支援し、意見を積極的に取り入れることでより良好な職場を作っていくことができます。

今や時間や日数はどうあれ、女性が働く事が当然の時代です。

長時間労働を厭わずスキルやキャリアを構築していきたいと考える方から、短時間労働で自分の家庭や家事と自分の仕事を両立していきたいと考える方まで、大変多様な働き方や転職が可能となるのです。

少ない人数で最大限のパフォーマンスを生み出すにはやはり彼女たちの立場を尊重しながら、円滑なコミュニケーションで生産性とモラルの高い職場を作っていくことを考えていきましょう。

ワークライフバランスの重要性

女性が働いていく中で派遣や契約社員として働く事を考える方も最近では大変多くなっています。

このような働き方をしていく方にとっても、普段から変化の早い時代のなかで普段から自分の好きな仕事をしていく中で、派遣として働いていく方も女性では多いのです。

無理に長時間労働で疲弊するよりは短時間で部分的な作業を行っていくだけでも十分な収入と時間のバランスを得る事が可能となるのです。

その点を理解してあげることで、労使双方にとって有効な関係を作っていくことができるのです。

次からは、今後ボーダーレス化が進んでいく社会のなかで、外国籍の労働者の方とどのように向き合っていくべきかどうかを確認していきましょう。

メルマガ登録はこちら

付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性向上のアイデアは、「人」が生み出していきます。

このように「人」の重要性がますます高まっていく時代において、弊社は世界NO.1の高生産性・高能力の一流中堅企業を育てるために、クライアントの経営・人事諸制度の改革、人材育成をバックアップしていきたいと思っております。

メルマガでは、抽象的な思考概念から実際に活用できる具体的なノウハウを提供しています。
現状を打破したい、改善のためのヒントになればと思っています。

メルマガ配信お申込みフォーム

 

錬成講座のお知らせ

「錬成講座」は、新卒社員が将来の経営幹部になるという、長期雇用慣行に基づいた日本的経営を前提に、先の見えない経営環境の中で企業の存続・発展を担う力のある次世代幹部人材を異業種交流の合同合宿により育成するプログラムです。
「錬成講座」は「新人」「若手リーダー」「管理職」「経営幹部」と階層別に別れております。

様々な業種の一部上場企業および同等クラスの優良中堅企業のリーダーとともに、講義時間も含め議論や対話を重ねるなかで、自分の業界や自分自身が知らず知らずのうちに囚われている固定観念に気づき、視野を広げることができます。

>> 錬成講座の内容を確認する

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA