あなたが繰り返し取り組んでいることは何ですか?

こんにちは!栗原誠一郎です。

6月に入り、まだ梅雨は明けてないものの、夏らしい日も増えてきましたね。
暑いのが特に苦手な私としては戦々恐々です。(笑)

さて、近況報告です。

最近、ある経営者と話をしていて、
「企業経営においてもっとも気を付けることは何か?」
という話題になりました。

恥ずかしながら、私はあれも大切、これも大事と色々並べたててしまったのですが、
その経営者が言うには、
「確かにそれも大切だけど、一番気を付けることは『飽きる』ことだと思う」
とこと。

その経営者曰く、会社を儲かるようにするのは簡単だとのこと。
「儲かっている同業他社を研究して徹底的に真似すればよいだけで、
そうすれば時間はかかっても必ず儲かるようになる。」

「企業経営が本当に難しいのは、『その後』なんだよね。
業績が順調に推移していると、現状の施策に対して何も疑問を持たなくなる。
もちろん100%上手く行っていることはあり得ないから、
実際は何の努力もしていないって事はないんだけど
でも、だからこそ自分が飽きていることになかなか気づけないんだよ。」

「でもね、そういう状態を長く続けていると、
根本から施策を見直すという精神力がなくなっちゃうんだ。
そうなってしまうと、結局、先々ジリ貧になる。」と。

この経営者の話を聴いて、私もハッっとしました。
確かに、何の努力もしていない訳ではないけど、
でもそれで「何かをやっている」気になっているだけじゃないか?と思う
そんな瞬間ありますよね。

ただ、一方で「重続」することの意義も勿論あるわけで、
実際に「自分の飽き」に気づくのは意外に難しい。

だからこそ、常に自分に問いかけることが必要なのだと思います。

ということで、今月の質問は、

あなたが繰り返し取り組んでいることは何ですか?

です。

そしてその取り組みは何のためにやっているのでしょうか?
やる事が目的化してないでしょうか?

会議なんかは、その答えの一つでしょう。
本当に、意味があるものになっているか問い直す必要があるでしょうね。

他にもどんなものがあるか是非考えてみてください。

それでは、この1か月が皆さんにとって
引き続き「健康」で、有意義なものになることを祈念しております。

メルマガ登録はこちら

付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性向上のアイデアは、「人」が生み出していきます。

このように「人」の重要性がますます高まっていく時代において、弊社は世界NO.1の高生産性・高能力の一流中堅企業を育てるために、クライアントの経営・人事諸制度の改革、人材育成をバックアップしていきたいと思っております。

メルマガでは、抽象的な思考概念から実際に活用できる具体的なノウハウを提供しています。
現状を打破したい、改善のためのヒントになればと思っています。

メルマガ配信お申込みフォーム

 

錬成講座のお知らせ

「錬成講座」は、新卒社員が将来の経営幹部になるという、長期雇用慣行に基づいた日本的経営を前提に、先の見えない経営環境の中で企業の存続・発展を担う力のある次世代幹部人材を異業種交流の合同合宿により育成するプログラムです。
「錬成講座」は「新人」「若手リーダー」「管理職」「経営幹部」と階層別に別れております。

様々な業種の一部上場企業および同等クラスの優良中堅企業のリーダーとともに、講義時間も含め議論や対話を重ねるなかで、自分の業界や自分自身が知らず知らずのうちに囚われている固定観念に気づき、視野を広げることができます。

>> 錬成講座の内容を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA