あなたが考える「社畜」の定義は何ですか?

皆さん、おはようございます!栗原誠一郎です。

5月も今日が最終日ですね。皆さん元気に活き活きと仕事していますかね?

まずは、近況報告です。

先日、2年ぶりに新入大卒錬成講座を、蔵王坊平高原でリアル開催しました。
リモート合宿もマスク無しで顔の表情が分かって良いですが、
リアルの空気感はまた格別ですね。
久しぶりの1000m高地での早朝ランニングはきつかったですが(笑)

さて、その新入大卒錬成講座での一場面の話です。

皆さん、ご存じの通り、錬成講座では、

企業人として自分は如何に生きるか?

という問いに対する答えを自分で掴んでもらうことを目的として、
色々なテーマについて皆と対話しますが、

その中で、
「『仕事』=『幸せ』となるための要件は何だろうか?」

というテーマで皆に考えてもらおうとしたところ、
受講生が以下のように答えてくれました。

「『仕事』=『幸せ』って、なんか社畜っぽくて、嫌な感じがします。」

「社畜????」

一瞬、自分の耳を疑いましたが(笑)、その真意を聴くと、

自分が本当にやりたい事をして生活できている人はめったにいない。
だから、仕事というのは、食べるために仕方なくやるものであり、
「仕事」=「幸せ」にはならないのではないか。

とのこと。

まぁ、まだ本格的に仕事を体験していない彼らにとっては、
ある意味、これが本音なんだなぁと思った次第です。(笑)

そこで、彼らに私の「社畜」の定義を解説しました。

「『会社』に単に使われている存在が『社畜』だ」と。

本当にやりたい事があるなら、食えるかどうか恐れてないでやれば良い。
しかし、企業人という人生を選択したなら、そこで自己実現を図らなければ、
それこそ「社畜」であり、人生を無意味なものにしてしまう。

「会社」という「器」を使って、自己実現を図ろうとするようになって、
初めて「社畜」を卒業できると。

企業で働く醍醐味も、本当はここにありますよね。
だって、本当にやりたい事で、それが企業にとってもプラスになる話であれば、
稟議一本で個人では考えられないような投資だってできるのだから。

ということで、今月の質問は、

あなたが考える「社畜」の定義は何ですか?

です。

その定義に皆さんが当てはまらないことを祈っています(笑)

それでは、この1か月が皆さんにとって
引き続き「健康」で、有意義なものになることを祈念しております。

メルマガ登録はこちら

付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性向上のアイデアは、「人」が生み出していきます。

このように「人」の重要性がますます高まっていく時代において、弊社は世界NO.1の高生産性・高能力の一流中堅企業を育てるために、クライアントの経営・人事諸制度の改革、人材育成をバックアップしていきたいと思っております。

メルマガでは、抽象的な思考概念から実際に活用できる具体的なノウハウを提供しています。
現状を打破したい、改善のためのヒントになればと思っています。

メルマガ配信お申込みフォーム

 

錬成講座のお知らせ

「錬成講座」は、新卒社員が将来の経営幹部になるという、長期雇用慣行に基づいた日本的経営を前提に、先の見えない経営環境の中で企業の存続・発展を担う力のある次世代幹部人材を異業種交流の合同合宿により育成するプログラムです。
「錬成講座」は「新人」「若手リーダー」「管理職」「経営幹部」と階層別に別れております。

様々な業種の一部上場企業および同等クラスの優良中堅企業のリーダーとともに、講義時間も含め議論や対話を重ねるなかで、自分の業界や自分自身が知らず知らずのうちに囚われている固定観念に気づき、視野を広げることができます。

>> 錬成講座の内容を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA