大きな目標を公言する

こんにちは
栗原誠一郎です。

成功者は夢を語る?

私は職業柄、多くの会社のマネジメント層や起業家の方々にお会いします。その中には、部下や人前で、一般的な発想ではとても実現することが難しいような目標を語る人がいます。もちろん全員とは言いませんが、そういう人は結構成果を出している人が多いのです。

なぜ結果を出せている人が多いのか理由を考えてみると、そういう人は、本当に楽しそうに自分の目標を語っていることが分かります。本人が楽しければ、その目標の実現に向けて何をすべきか考えるのも楽しく色々なアイデアがでて、行動も早くなります。その人の部下も同じで、最初は「何をこの人は夢みたいなことを言っているのか」と思いながらも、巻き込まれて発想も行動も活性化されていく。

 

そういう人の部下に話を聞くと、「あの人は好き勝手なことを言うから、部下の我々は大変なんです。」と口では不平を言いながら、何となく楽しそうに話をしてくれます。

実際、私もこのような上司の下で働くとしたら大変だと思います。難しい指示も多いだろうし、実際に取り組んでも上手く行かないことも多く、上司の言っている全てがその通りに実現していくわけではないですから。

 

でも、考えれば、何事も思い通りにいかないのは当たり前のことですよね。その事を否定的に捉えて、大きな目標を立てたり、それを公言することを避けて、何のメリットがあるのでしょうか?

 

ビジネスにおいて重要な事は何か?

「ビジネスは『信頼』が大切だから、できもしないような事を言うのはダメだ」などともっともらしい事を言って、単に「出来ない自分」を見てしまうことから逃げているのではないでしょうか?

私は、ビジネスだからこそ、結果として何を成し遂げたかが重要だと思います。つまり、自分の言ったことを確実に実現できたかどうかは、そんなに重要ではなく、ある意味自己満足なのではないでしょうか?

 

実現できなかったら恥ずかしいなど無駄なことは考えず、大真面目に大きな目標を語り、大真面目にその目標の実現に取り組む。結果としてその目標には到達できなかったとしても、相当な結果を残せることでしょう。

 

さて、皆さんはどう思いますか?

皆さんには、公言することが恥ずかしくなるような大きな目標はありますか?

メルマガ登録はこちら

付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性向上のアイデアは、「人」が生み出していきます。

このように「人」の重要性がますます高まっていく時代において、弊社は世界NO.1の高生産性・高能力の一流中堅企業を育てるために、クライアントの経営・人事諸制度の改革、人材育成をバックアップしていきたいと思っております。

メルマガでは、抽象的な思考概念から実際に活用できる具体的なノウハウを提供しています。
現状を打破したい、改善のためのヒントになればと思っています。

メルマガ配信お申込みフォーム

 

錬成講座のお知らせ

「錬成講座」は、新卒社員が将来の経営幹部になるという、長期雇用慣行に基づいた日本的経営を前提に、先の見えない経営環境の中で企業の存続・発展を担う力のある次世代幹部人材を育成するプログラムです。

様々な業種の一部上場企業および同等クラスの優良中堅企業のリーダーとともに、5日間寝食を共にし、講義時間も含め議論や対話を重ねるなかで、自分の業界や自分自身が知らず知らずのうちに囚われている固定観念に気づき、視野を広げることができます。

>> 錬成講座の内容を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA