自動運転車がもたらすもの

こんにちは
栗原誠一郎です。

本格的な自動運転車の登場

先日、アウディが世界で初めてレベル3の自動運転車を2017年秋に発売すると発表しましたね。

「レベル3」って何?って思った人も多いと思いますが、自動運転車の自動化のレベルは概ね以下のように定義されています。(出典:Wikipedia

レベル1
加速・操舵・制動のいずれかをシステムが行う状態。自動ブレーキなどの安全運転支援システムによる。

レベル2
加速・操舵・制動のうち複数の操作をシステムが行う状態。アダプティブクルーズコントロール(ステアリングアシスト付き)等がこれに該当する。

レベル3
加速・操舵・制動を全てシステムが行い、システムが要請したときはドライバーが対応する状態。加速・操舵・制動を全て自動的に行うシステム。

レベル4
完全自動運転。加速・操舵・制動を全てドライバー以外が行い、ドライバーが全く関与しない状態。安全に関わる運転操作と周辺監視をすべてシステムや外部に委ねる。

システムが想定していない緊急時以外は、ドライバーはハンドルを握る必要がなくなるというレベルが、今回、アウディが発売する自動運転車です。

映画の世界で我々が見てきた未来の車のイメージそのものが、ついに出てきたわけです。

 

自動運転車とAI技術

この自動運転車は様々な要素技術で成り立っているわけですが、やはり中核技術はなんといってもAI(人口知能)でしょう。

これはAI技術の進展にとっても非常に大きな意味があると私は思います。世の中の研究者が純粋に研究目的で研究を行っている間は、飛躍的な技術の進歩はなかなか実現しないものです。その先に市場があるからこそ、研究のための人材やお金の投入が活発になり、技術が進歩します。

自動車産業は巨大市場であり、大量の人材とお金を投入しても充分な見返りが期待できますから、これからこの自動運転車を中心にAI技術自体が相当なスピードで進歩していくことでしょう。

 

シンギュラリティの現実味

最近、AIという言葉を新聞で見ない日の方が少ないという状況ですが、こうした状況は過去にもありました。でも、その時は理論先行で実際に何に使われるということが明確になかったため、一時的なブームにしかならなかったのです。

AIが囲碁の世界一の棋士と勝負して勝ったという話に話題性はありますが、それだけでは今回も一時的なブームに終わったかもしれません。

ホンダはレベル4の自動運転技術について2025年頃を目途に確立すると先日発表しました。世界中が大競争するわけですから、レベル4の技術はもっと早く実現するのではないでしょうか?当然それに伴いAI技術も進歩し、それが自動車産業以外においても変化をもたらすことでしょう。

人工知能が人間を超越するというわれる技術的特異点(シンギュラリティ)は2045年ともいわれていますが、今の自動車産業の動きを見ていると現実味がでてきたのではと私は思います。

 

シンギュラリティなんて夢物語だと思っていたら、その世界に対応できなくなりますね。さて、皆さんはどのように予想していますか?

メルマガ登録はこちら

付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性向上のアイデアは、「人」が生み出していきます。

このように「人」の重要性がますます高まっていく時代において、弊社は世界NO.1の高生産性・高能力の一流中堅企業を育てるために、クライアントの経営・人事諸制度の改革、人材育成をバックアップしていきたいと思っております。

メルマガでは、抽象的な思考概念から実際に活用できる具体的なノウハウを提供しています。
現状を打破したい、改善のためのヒントになればと思っています。

メルマガ配信お申込みフォーム

 

錬成講座のお知らせ

「錬成講座」は、新卒社員が将来の経営幹部になるという、長期雇用慣行に基づいた日本的経営を前提に、先の見えない経営環境の中で企業の存続・発展を担う力のある次世代幹部人材を育成するプログラムです。

様々な業種の一部上場企業および同等クラスの優良中堅企業のリーダーとともに、5日間寝食を共にし、講義時間も含め議論や対話を重ねるなかで、自分の業界や自分自身が知らず知らずのうちに囚われている固定観念に気づき、視野を広げることができます。

>> 錬成講座の内容を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA