放置、ダメ、絶対。ブログ運営で管理すべきKPI設定方法

こんにちは、株式会社Key-Performanceの井畑です。

前回の記事では集客ファネルについてお話しました。顧客を親切に商品まで誘導するための集客ファネルですが、せっかく設計しても正しく機能しなければ意味がありません。

今回の記事では、ブログ運営に欠かせない「指標」の管理の仕方をご紹介します。

キーワード設定、ブログ全体のピラミッド構造の設計、集客ファネルの設定、そしてKPI設定が全部揃って、初めてブログマーケティングでのトライアンドエラー、PDCAサイクルを回すことが出来ます。頑張りましょう。

ちなみにPDCAサイクルとは「Plan」「Do」「Check」「Act」の4つの頭文字をとったものです。日本語に直すと「計画」「実行」「測定」「改善」です。目的に向かい確実に試行錯誤を積み重ねるために、「計画→実行→測定→改善→次の計画………」のサイクルを繰り返すことをいいます。

 

指標となるKPI(数値)の種類

みなさんは「KPI」という言葉を聞いたことがありますか?

KPIとはKey Performance Indicatorの略語で、設定した目標の達成に向けて測定すべき、鍵となる指標のことを言います。

今回であればブログでのマーケティングを成功させるために必ず必要な指標です。

では、まずは指標となるKPI(数値)の種類をご紹介します。

細かく設定すれば無限に出てきますが、これさえ設定しておけば大丈夫という5つをご紹介します。

1.PV
2.セッション数
3.ユニークユーザー(UU)数
4.SNSシェア数
5.エンゲージメント率

ざっくり説明します。

 

PV

PVとはページビューの略で、期間中に対象のページが何ページ見られたかという情報です。

代表的な測定の仕方は「月間PV」で、自社のブログが一ヶ月間に合計何回見られたかの数値です。

多くのブログがこの数値を公表しているので、自社のブログの現状を相対的に図る数値にもなります。

また、その他にも目的によって「1記事の1日のPV」に着目して調べたりします。(特殊な目的がある時を除けば、1日のPV数を出したいときにも一ヶ月分を調べて、月の日数で割ります。WEB検索は意外と日によっての変動が大きいので、標準的なデータを調べるためには長い期間の平均が必要なのです。)

 

セッション数

PVとの違いに注意してください。PVがページを見た回数なら、セッション数は「ページを訪れた回数」です。

例えばサイトAにアクセスして5ページ見た場合、セッション数は1で、PVは5です。

翌日またサイトAにアクセスして、今度は8ページ見たとします。この場合累計のセッション数は2、PVは13です。

セッション数は単体で使われることはあまりなく、PVと比べた「ページ/セッション」で一回のセッションにつき何ページを見るのかという情報や、この次に紹介するユニークユーザー数と比べた「セッション/UU」でユニークユーザー一人あたり平均月何回サイトを来訪するのかを調べたりします。

これも重要な数値です。

 

ユニークユーザー数(UU

ユニークユーザー数とは、月に訪れた人数のことです。

セッション数がいわゆる「延べ人数」だとすれば、こちらは純粋な「来訪人数」。期間中に何回訪れても、同じ人であれば「1人」とカウントされます。

 

SNSシェア数

SNSでシェアされた回数です。Twitterならツイートでの投稿になりますね。

SNSでのシェアの管理はもちろんですが、SNSシェアの測定はもう一つ重要な役割があります。

それは「記事の質」をより正確に判断出来るという点です。

記事の質をPVの多さで判断する場合、どうしても検索順位などに影響を受け、純粋な「記事の内容」の判断にはあまり適切とは言えません。

ですが「SNSシェア数/PV」という比較で見ると、「そのページを見た人のうち何人がSNSでシェアをしたか」という情報が得られます。

記事の質が高ければ当然シェア率も上がっていきます。

SNSシェア率を測定することで、より顧客がどんな記事を望んでいるかが明確になります。

 

エンゲージメント率

これは集客ファネルで説明した「CTA」やマガジン登録率、問い合わせ数や商品の成約数などの、「こちらが促した行動を行ったかどうかを測定する指標」です。

この指標も最重要。設定しないなんてありえないです。集客ファネルで設定した導線すべてで「エンゲージメント率」を測定する必要があります。

基本的には目標とする数値に対して「無理なく・理想的な」エンゲージメント率を設定し、それでも目標達成をしないとき、もしくはむちゃくちゃなエンゲージメント率を維持しない目標に届かないというときだけ、PVを上げていく動きになります。

なので、KPI測定の要になるのがエンゲージメント率です。

 

KPI設定の方法

KPI設定はあまり難しくありません。

まずはファネルの最終地点での目標を立てます。例えば「オンラインサロン登録者数、月10名」などです。

次に、ファネルを一段上がって、エンゲージメント率を設定します。最初は業界標準をベースに設定しておいたほうがいいでしょう。

ちなみに業界標準はネットで公開されている情報もあれば、専門の業者に依頼をしないと調べられない場合もあります。

また、WEBマーケティングをあまり行わない業種の場合は、類似のサービスでのエンゲージメント率を調べましょう。

この時「現時点での自社サイトの状況(エンゲージメント率)」も必ず測定して見られるようにしておいてください。

次も同じです。ファネルを一段上がってエンゲージメント率を設定します。

ファネルの一番上に上がると、最終的には「検索者数(PV数・UU数)」に行きつきます。

ここで、まずは自社の現状のPV数、エンゲージメント率を当てはめたときに、目標に届いているかどうかを確認して下さい。

多くの場合、現状のままでは目標に届かないでしょう。

そこで次は、各エンゲージメント率を業界標準に置き換えて下さい。(業界標準を上回っている部分はそのまま据え置き)業界標準のエンゲージメント率になった場合、現状のPVで目標を達成出来るかどうかを確認します。

達成出来ているのであれば、エンゲージメント率を業界標準にまで上げられるように、届いていない部分を修正して、再び測定を行っていきます。(PDCA

もしエンゲージメント率を業界標準にまで上げても目標に届かない場合は、PVを上げるしかありません。

具体的には「検索流入を増やす」というSEO的な対策か、すでにいるユーザーの回遊率を増やすという導線対策になります。

このように、集客ファネルの各要所にKPIを設定すれば、どこを修正しなければいけないかがはっきりと分かります。

原因がはっきりしていて、到達すべき数値もわかっている状態。この状態になって初めて「PDCA」というものが回せるのです。

なぜエンゲージメント率を起点とするのか?

世の中ではウェブマーケティングといえば「PVの向上」みたいなイメージがありますが、実際にPVを追うのはオススメしません。

なぜかというと、検索で上位に表示されるかどうかはGoogle次第なので、不確定要素がとても大きく、しかも行動してから効果が出るまでの期間が長い。つまりPVは「制御しきれない要素」なのです。

それに比べてエンゲージメント率は行動してからすぐに結果が出ますし、お客さんにとって価値ある行動をすれば必ず効果が現れます。つまり「制御出来る要素」です。

なのでエンゲージメント率を起点にするのが重要です。

今回はここまでです。

次回の記事はオウンドメディアに欠かせないもう一つの要素、SNSでの使い方についてご紹介します。

ブログという母体があることで、SNSのコストパフォーマンスは非常に高くなっています。せっかくの資産、有効活用しないともったいないですよね。

では、また次回。

 

著者 井畑太佑
「いいものだらけの世の中へ」をテーマに起業家支援業を行う会社、株式会社Key-Performance取締役。「起業茶屋」という起業家支援イベントを主催し、年間500名以上の経営のお手伝いをしています。座右の銘は「粋で優しいバカでいろ」です。

メルマガ登録はこちら

付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性向上のアイデアは、「人」が生み出していきます。

このように「人」の重要性がますます高まっていく時代において、弊社は世界NO.1の高生産性・高能力の一流中堅企業を育てるために、クライアントの経営・人事諸制度の改革、人材育成をバックアップしていきたいと思っております。

メルマガでは、抽象的な思考概念から実際に活用できる具体的なノウハウを提供しています。
現状を打破したい、改善のためのヒントになればと思っています。

メルマガ配信お申込みフォーム

 

錬成講座のお知らせ

「錬成講座」は、新卒社員が将来の経営幹部になるという、長期雇用慣行に基づいた日本的経営を前提に、先の見えない経営環境の中で企業の存続・発展を担う力のある次世代幹部人材を育成するプログラムです。

様々な業種の一部上場企業および同等クラスの優良中堅企業のリーダーとともに、5日間寝食を共にし、講義時間も含め議論や対話を重ねるなかで、自分の業界や自分自身が知らず知らずのうちに囚われている固定観念に気づき、視野を広げることができます。

>> 錬成講座の内容を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA