マネジメントの未来

こんにちは!栗原誠一郎です。

コミュニティ・ビジネスの時代

先日、お世話になっている先生の勉強会に参加したのですが、その一つのテーマが「コミュニティ・ビジネス」についてでした。

売切り型のビジネスでは永続的な発展は難しく、顧客のコミュニティ化が必要だということは、皆さんもよく聞かれているかもしれませんね。

で、面白いなと感じたのは、コミュニティを広げていく方法についてです。

カリスマ的な人物が引っ張っていくだけでは、コミュニティは広がらない。
広げていくのではなく、「勝手に広がって行く」ことが必要だと。

そのためには、
自分一人ではとても実現できないことでかつ多くの人が幸せになれるビジョンが必要だと。
そしてそのビジョンを実現するために、自分以外の人に積極的に支援をお願いすること。

そうすれば、その人はコミュニティを作る過程に参画することになり、コミュニティに対する貢献実感が高まり、更に他の人に自分の自慢話としてコミュニティの魅力を伝え始める。
そうなるとコミュニティが勝手に広がり始めるのだと。

 

組織マネジメントの在り方

 

この話、組織のマネジメントの在り方も示していると思いませんか?

昔ながらのマネジャーは、自分が過去積み上げてきた知識・スキルをもとに、メンバーを引っ張っていましたが、今は時代の変化が早く、過去の知識・スキルはすぐに陳腐化してしまいます。

 

そう、マネジャー自身の力で何とかできることは、どんどん無くなるのです。

だからこそ、その事実を認め、謙虚になってメンバーに支援を求めることが必要なのです。

 

もちろん、メンバーに支援を求めるだけでは、メンバーもなんで「こいつ」のためにと思うかもしれません。だから、マネジャー自身も「自分」のためではなく、自分も実現したい、そしてそのことで皆が幸せになれる「ビジョン」のために、自分ができることに真摯に取り組む。

その姿勢があればこそ、チーム一丸となってビジョンの実現に取り組む、強い組織になるのでのではないでしょうか?

 

さて、皆さんのチームには、あなたや他のメンバーが実現したいと心から思えるビジョンはありますか?

そして、あなた自身は「自分自身」のためではなく、その「ビジョン」のために何ができるでしょうか?

メルマガ登録はこちら

付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性向上のアイデアは、「人」が生み出していきます。

このように「人」の重要性がますます高まっていく時代において、弊社は世界NO.1の高生産性・高能力の一流中堅企業を育てるために、クライアントの経営・人事諸制度の改革、人材育成をバックアップしていきたいと思っております。

メルマガでは、抽象的な思考概念から実際に活用できる具体的なノウハウを提供しています。
現状を打破したい、改善のためのヒントになればと思っています。

メルマガ配信お申込みフォーム

 

錬成講座のお知らせ

「錬成講座」は、新卒社員が将来の経営幹部になるという、長期雇用慣行に基づいた日本的経営を前提に、先の見えない経営環境の中で企業の存続・発展を担う力のある次世代幹部人材を育成するプログラムです。

様々な業種の一部上場企業および同等クラスの優良中堅企業のリーダーとともに、5日間寝食を共にし、講義時間も含め議論や対話を重ねるなかで、自分の業界や自分自身が知らず知らずのうちに囚われている固定観念に気づき、視野を広げることができます。

>> 錬成講座の内容を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA