長期政権の功罪

こんにちは!栗原誠一郎です。

中国、国家主席の任期制限を撤廃

中国の全人代(全国人民代表大会)で、国家主席の任期制限(2期10年)を撤廃する憲法改正が承認されましたね。

これにより、習近平氏が長期にわたって国家主席の座にとどまることが可能になりました。

これを聞いた米国・トランプ大統領がアメリカも終身大統領があっても良いといつものように口を滑らせ、批判を受けているようですが、全人代では投票数2964票(欠席16)のうち、反対は2票、棄権は3票という圧倒的賛成多数で採決されました。

中国以外のマスメディアでは、習近平氏が汚職摘発を使って政敵を追い落したとか、今回の任期撤廃の採決を全人代の直前(8日前)に急に公表し、反対派に阻止する動きができないようにしたなどという批判的報道もあります。

しかし、一方で習近平氏が2013年に国家主席になってからの政治が受け入れられたという結果でもあると思います。

そうでなければ政治的工作だけでここまでの事はできないでしょう。

 

長期政権の功罪

国家にしろ、企業にしろ、組織のトップが誰であるかは、その組織の存続発展にとって非常に重要な要素であることは事実です。

したがって、そのトップが「良いリーダー」であれば、長期政権になることは、その組織の為にもなるとも言えます。

しかし、長期政権は様々な歪を生むのも事実でしょう。

長期政権になると、本人にその気が無くても権力の集中が自然と起きるようになります。

そして自分がやらねばという「責任感」の強いリーダーであればあるほど、権力の集中度合いは高まります。

そうなると、聞こえの良い情報以外は自分のところに上がってこなくなりますし、昨年から話題になっている所謂「忖度」が横行するようになります。

当たり前ですが「忖度」という言葉自体に本来悪い意味はありません。

良い部下の条件は、上司が一々指示しなくても、上司の気持ちを察して動いてくれる部下であることは間違いないでしょう。

しかし、この「忖度」がトップの意思とは別に、もしくは拡大解釈して、一人歩きするようになると話は別です。

また、決定的に重要な問題は、後継者が育たないということでしょう。

どんなに才能に恵まれている人材であっても、経験から学ぶものは大きい。

したがって、長期政権になる中で、本来、その後を継ぐべき人材との差が余計についてしまい、時間が経てば経つほど、後を託すという決断が難しくなって行きます。

 

トップになった者の役割

人により老化のスピードは違うとは言え、いつかは必ず死ぬ訳ですし、死ぬ直前まで全く老化しないということもありません。

後継者に引き継いだ後に、一旦組織的停滞があったとしても、基本的な素養があれば、自らがかつてそうだったように、その後継者も経験の中で、更に実力をつけていくでしょう。

したがって、自分がトップになった時、自分がその組織の為に責任感を持って働くことは勿論です。

もっと大切なことは、自分が引退した後にも輝き続けるような組織のビジョンを示し、そのビジョンを実現してくれる後継者を育てることではないでしょうか?

任期があるということは、後継者を育てることもトップの責任であることを意味しているものだと私は思います。

 

さて、皆さんは長期政権の功罪をどのように捉えますか?
また、皆さん自身は後継者をちゃんと育成していますか?

メルマガ登録はこちら

付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性向上のアイデアは、「人」が生み出していきます。

このように「人」の重要性がますます高まっていく時代において、弊社は世界NO.1の高生産性・高能力の一流中堅企業を育てるために、クライアントの経営・人事諸制度の改革、人材育成をバックアップしていきたいと思っております。

メルマガでは、抽象的な思考概念から実際に活用できる具体的なノウハウを提供しています。
現状を打破したい、改善のためのヒントになればと思っています。

メルマガ配信お申込みフォーム

 

錬成講座のお知らせ

「錬成講座」は、新卒社員が将来の経営幹部になるという、長期雇用慣行に基づいた日本的経営を前提に、先の見えない経営環境の中で企業の存続・発展を担う力のある次世代幹部人材を育成するプログラムです。

様々な業種の一部上場企業および同等クラスの優良中堅企業のリーダーとともに、5日間寝食を共にし、講義時間も含め議論や対話を重ねるなかで、自分の業界や自分自身が知らず知らずのうちに囚われている固定観念に気づき、視野を広げることができます。

>> 錬成講座の内容を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA