質の高い「関係性」を築くために、あなたが必要だと思う事はなんですか?

皆さん、こんにちは! 栗原誠一郎です。

GWも今日で終わりですね。
今年のGWは10連休も可能でしたが、皆さんはどうでしたか?
まぁ、いずれにしろ、たまにはゆっくり休む事も大切ですね。
人生は長いですから笑笑

さて、いつもの近況報告です。

弊社「練成講座」受講生の皆さんには、初日に「成功の循環モデル」(MIT教授ダニエル・キムが提唱)の話をしていますが、覚えていますかね?

組織やチームの「関係の質」が高まれば、「思考の質」が高まり、「行動の質」が高まり、「結果の質」も高まり、また「関係の質」が高まる。

こうして良循環が実現すると、組織やチームとして、最初は想像も出来なかった成果を得ることができる。

この理論、当たり前過ぎて(笑)、折角、私が話をしても、皆んな、すぐに忘れてしまうんですよね。

でも、この当たり前の話が、意外にも難しい。

最近、研修やコンサルの場で、組織の問題現象の話を、聴く度に、あー、この現場ではサイクルが回ってないなぁと思います。

このサイクルで一番の肝は、「思考の質」が高まるような、「関係の質」を意識できるかどうかです。

高い「関係の質」は、「喧嘩していない」ことではありません。

実際、本当に「喧嘩している」組織やチームはそう多くはありません。

その代わり、所謂、「大人の対応」とか「ビジネスライク」と表現される関係性は結構多い。

本当に相手に伝えたい事、知ってもらいたい事は、黙ったまま。

それでは、「思考の質」は決して高まらない。

じゃあ、どうすれば、「思考の質」が高まるような「関係性の質」を創れるのか?

先日、ある研修で受講者の皆んなが、これじゃないかと考えたものは、

「皆が共有できているビジョンや目標」

でした。

確かに、大切な要素ですが、これ以外にもあると思います。

と、言うことで、今月の質問は、

質の高い「関係性」を築くために、あなたが必要だと思う事はなんですか?

です。

さて、皆さんの組織やチームは、成功の循環モデルがちゃんと回っていますかね?

もし、そうでないならば、皆さんの組織やチームに欠けているものはなんでしょうね?

そこから考えても良いと思います。

それでは、この1か月が皆さんにとって
引き続き「健康」で、有意義なものになることを祈念しております。

メルマガ登録はこちら

付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性向上のアイデアは、「人」が生み出していきます。

このように「人」の重要性がますます高まっていく時代において、弊社は世界NO.1の高生産性・高能力の一流中堅企業を育てるために、クライアントの経営・人事諸制度の改革、人材育成をバックアップしていきたいと思っております。

メルマガでは、抽象的な思考概念から実際に活用できる具体的なノウハウを提供しています。
現状を打破したい、改善のためのヒントになればと思っています。

メルマガ配信お申込みフォーム

 

錬成講座のお知らせ

「錬成講座」は、新卒社員が将来の経営幹部になるという、長期雇用慣行に基づいた日本的経営を前提に、先の見えない経営環境の中で企業の存続・発展を担う力のある次世代幹部人材を異業種交流の合同合宿により育成するプログラムです。
「錬成講座」は「新人」「若手リーダー」「管理職」「経営幹部」と階層別に別れております。

様々な業種の一部上場企業および同等クラスの優良中堅企業のリーダーとともに、講義時間も含め議論や対話を重ねるなかで、自分の業界や自分自身が知らず知らずのうちに囚われている固定観念に気づき、視野を広げることができます。

>> 錬成講座の内容を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA