変化を阻むもの

こんにちは!栗原誠一郎です。

新しい時代「令和」

5月1日から「令和」という新しい年号の時代を迎え、世間では変化を期待する声をよく聞きます。

しかし、実際に皆さんの周りやご自身を振り返ってみれば、平成の時代となにも変わらない日常がただ過ぎていっている。というのが実態かもしれませんね。

変わりたいけど、変われない。

よくある話です。

 

あるレストラン経営者の悩み

先日、ある知人の相談(ぼやき?)を聴く機会がありました。
彼はレストランを経営しているのですが、料理には自信はあるが、立地が悪く、客足がもう一つ伸びないとのこと。
確かに食べログの点数をみても料理に対する評価は低くはありません。

聞いていると、集客のアイデア自体は色々スタッフとの話し合いで考えていたようです。
しかし、何一つチャレンジされていないのです。

なぜ???と聞くと、彼自身に余裕がないことが、その一つの理由としてあることが分かりました。

経理・購買に加えてホールも担当していますから、確かに、現状は働き方改革とは無縁の長時間労働です。
でも、他のスタッフはそこまでは忙しくはない様子。

じゃあ、他のスタッフに今の仕事や集客アイデアの実行を任せてみれば?と言うと、

皆もそれなりに忙しくしているのに、任せるのは気が引けるとのこと。
私はその店のスタッフもよく知っていますが、仕事を嫌がるようなメンバーではありません。

その時、ちょっと思った事がありました。
それは、彼自身がものすごくお客様に気が利く事です。

他のスタッフも別に気が利かない訳ではないですが、彼の気働きは群を抜いていて、
私が彼の店を利用するのは、彼がいるからといっても良いほどです。

そこで、
仕事を任せられないのは、彼らの気持ちを考えてではなく、彼らを信用していないからでは?
と聞いてみると、えっ?という顔をして黙ってしまいました。

やはりそういう要因はあったようで、実はその店の先代オーナーからも、仕事を他人に任せず抱え込んでいるのは「自己満足」だと昔注意されたことがあるとのこと。

 

変化を阻むもの

私も他人に事をとやかく言えませんが、自分が変化できない本当の理由は、以外に自分では認識しにくいものです。

さて、あなたの変化を阻むものは何でしょうか?

自分で認識しにくいことではありますが、大人になると、周りの人は普通教えてくれません。

なので、少し自分自身を振り返って、自分が変われない理由を探求してみて下さい。
直ぐに思いつく理由は、多分、本当の理由ではないでしょう。

メルマガ登録はこちら

付加価値の高い商品・サービスの開発も含めた生産性向上のアイデアは、「人」が生み出していきます。

このように「人」の重要性がますます高まっていく時代において、弊社は世界NO.1の高生産性・高能力の一流中堅企業を育てるために、クライアントの経営・人事諸制度の改革、人材育成をバックアップしていきたいと思っております。

メルマガでは、抽象的な思考概念から実際に活用できる具体的なノウハウを提供しています。
現状を打破したい、改善のためのヒントになればと思っています。

メルマガ配信お申込みフォーム

 

錬成講座のお知らせ

「錬成講座」は、新卒社員が将来の経営幹部になるという、長期雇用慣行に基づいた日本的経営を前提に、先の見えない経営環境の中で企業の存続・発展を担う力のある次世代幹部人材を育成するプログラムです。

様々な業種の一部上場企業および同等クラスの優良中堅企業のリーダーとともに、5日間寝食を共にし、講義時間も含め議論や対話を重ねるなかで、自分の業界や自分自身が知らず知らずのうちに囚われている固定観念に気づき、視野を広げることができます。

>> 錬成講座の内容を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA